ここから本文です

>>428

業績予想作るのは面白いですよネ。私も2022年3月期まで作ってあります。四半期と通期、損益計算書と貸借対照表の主要なところ(在庫、現預金、有利子負債、純資産)、簡易キャシュフロー(当期利益+償却、設備投資、有利子負債返済可能額)、EBITDA。指標としてはROE、配当性向あたりがあるといいですよ。売上は用途別、基板別と生産能力予定も加えて。ついでにCMKも簡易PLと売上明細あるとわかりやすいです。

私は2022年3月期にEPS375円予想ですが、2023年3月期以降の利益成長の高まりが市場の注目を浴びればPER20倍も見えてくるかも知れませんね。増産に見合う受注を獲得しつつ収益性を上げ、かつ有利子負債を削減、株式市場へのアピールをうまく行えば夢ではなくなるかもです。