IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

hotさんの投稿は買い方にとって心地良いですし、5Gや車載の将来需要も正しいと思いますよ。
ただ会社が出した業績予想の正確さも認識した方が良い。

昨年度2Q決算で予想の上方修正がなくてストップ安、そんなことはないとタカを括り、3Qで吹く、来期予想で吹くと楽観した結果、会社予想通りの糞決算、糞予想で再度のストップ安です。

「ベトナム新工場はこれくらいあるはずだ」ではなく、ないんですよ。これは私ではなくメイコーが言っているんです。

悲観的なことを書いていますが私はホルダーなので内心は上がって欲しい。でも業績見通しは良くない。
ならせめて本業以外の面で、一部鞍替えや自社株買など少しでも株価が低迷しない努力をしろと思いますが、どうせそれもないのでしょう。
ほんとつまらん

  • >>885

    会社側予想の正確さ?2年連続で中間上方修正してますよ。今期もその可能性大と思っています。前期決算(上方修正後)予想がすこぶる悪かった(短信に弱いと書いていた)ものの、Q3決算はそうでもなかった。Q4になって(受注減速はQ3にでてたはず)急減速したものの、そこまで悪化する東亜Q3段階では予想できなかったと思いますが。極端でした。もともと、Q4は、春節(中国、ベトナムも)で3週間事実上止まってる。例年この時期の月次は利益が出ない2か月決算。
    また、本決算への期待は半年以上前の話でその後の経済情勢はご承知の通り。
    それでも、今期も予想も会社予想は悲観的すぎるように思います。下期から車載向けが新規で出てくるはずですし、一方でスマホを慎重に見ているようですね(説明会資料)スマホは例年下期弱い。(クリスマス、春節向けは、Q2までで大半終わり)まだ、絶対額としては小さいものの、EV向けも急激に想定以上のスピードで立ち上がってきていることから、今下期から来期以降にかけて数年は成長軌道に乗るはずです。出なければ、ベトナム工場への投資や、武漢第一工場の拡張は行わない。なお、第三工場も計画通り3期にわけて実行する予定に変更はないようです。
    ベトナム第三工場の売り上げ増も、Q4決算数値とその後の関税引き上げで中国の対米向けを相当慎重に見ている可能性が大。(短信)
    受注急減は一時的なものと考えています。投資は、この先数か月を見るか(現状いいようですが)半年先意向を見るかで大違いです。電産永守社長発言にもあるように、車載は何年も前から案件を関係者で詰めており、下期からの受注はm数年前に決まっていたこと。来期紅に案件は増加する。そのことは電産のEv向け受注資料で明らか。24年には電産のEV向け受注は4000億でぜんきはゼロ。車載向け売り上げは30年4兆円(前期3000億)です。メイコーの車載向けも同様の軌跡をたどるとみるのが自然。電産も今期100億らいき200おく程度で絶対額としてはしれてるものの、その成長スピードが半端じゃない。