IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

直近でも昨年度でも、高値から見れば既に相当下がっていて、米中の話は織り込んでいるとも取れますし、今の1700円どころは2017年度あたりの株価と同じですが、皆さんが保守的(最悪の予想)とおっしゃる今期の予想は2017年度より良い数字が書いてあるわけで、それならこれ以上は下がらない(今が底値)とも取れます。
将来的に5GやEV等のテーマ銘柄でもあり、決算もじっくり分析すれば良いことも沢山書いてあるのでしょう。
ただ、ここまで好意的に見てくれるホルダーはここの住人といちよし証券くらいと思います。

私が期待していたのは4Q決算が良くなくても、今年度は省人化等で凄まじい利益を出すベトナム新工場が5月(今ですよ今!!)に竣工されることが大々的に記載され、昨年度実績にこの数字が上乗せされて史上最高値を目指すと言うストーリーでした。
ところが蓋を開けてみれば新工場の話は大して触れられもせず、売上は微増程度(利益は減る)、ベトナム新工場は0.9%しか稼がないのか、そんなものに120億も投資するのかと言いたくなるくらいがっかりしています。
※自分にはこう映っています。
※文字は読まず数字だけ見て脊椎反射している売り煽りも同じでしょう。

そして現状のメイコーの株価はアルゴを含めそう言う株主に支配されているのが実態。
決算が良くても上方修正がないからストップ安まで叩き売られた2Q同様、月曜はかなり厳しい局面になるのではないかと思われます。(売らないけどね)

配当は増額されたので現状維持なら御の字かな。
どうかこの予想は外れますように…。