ここから本文です
現在位置:
このスレッドは終了し、閲覧専用となっています。
コメントの投稿、最新コメントの閲覧はこちらの最新スレッドをご利用ください。
  • <<
  • 991 959
  • >>
  • 3823アクロディア 368円 80円ストップ高 50万株張付き買い気配!
    余、寄付き335円 10万株買戻し済み!
    (連休前全株利確分買戻し)
    強力個人資産家仕手筋介入、株価1,000円越え間違いない!

    一方メイコー、米中貿易交渉決裂、トランプ25%関税中国に適用!
    これに怒った中国態度硬化、熾烈な米中貿易戦争が始まる見込み!
    円高進行、ハイテク関連株続業績急落予想!
    馬鹿な買い煽りに騙されて買ったりホールドし続けると 資産を失うと同時に資金効率の大きなロスになる!

    メイコー売り株価下方修正999円!

  • >>983

    いよいよ決算発表を意識した展開。
    前期末配当 いくら予想します?
    優先株の負担無くなっています。

    今期予想は、稼働、貢献する工場増設分を
    どのくらい織り込むかでしょう

  • 983

    tok***** 強く買いたい 5月7日 06:42

    >>980

    残念でした 終わって見れば66ドル安 日常の上げ下げの範囲 大騒ぎすることない

  • NYダウ、470ドル超安、やっぱり景気が悪く、先行き、お先まっくらなのに、異常に日本株、高すぎますよね、さあ、令和祭りは終了しました、円高、今日からまた、1450円に向かって下げるのでしょうか?今日は100円超安値になりそうです。2000円も割り込む場面もあって、月末1450円ってことも、現実に起こるかもしれないね?

  • テクニカルによる分析のポイント。
    目先短期=日足・中期=週足・長期=月足と考える。
    日足短期で見ると下落トレント中だが、2000円前後で反転の可能性有り゙

    中期で見るとストキャスは高値圏であるが、MacDでみると反転の兆し有。
    26週移動平均の傾きがどう変化するかが注目ポイントと見ている。
    明日以降の相場がどう変化するか注視したいところ。

    打診買いと買い増しは仮に2000円前後まで下落すれば、入れてみる価値はありそう。
    投資はあくまで自己判断でお願いします。
    後はファンダメンタルと将来性(ハードとソフトの将来性)キモになると考えています。
    中長期で投資すれば、5Gによる恩恵は受けそうな銘柄候補と考えています。
    短期と中期それぞれのトレンドの波に乗りそれぞれの回転玉で、資産を増やしていきたいものです。
    株式投資は自己判断でお願いします。

  • 米中経済戦争で大打撃を受ける企業と、恩恵を受ける企業に分かれる。
    基板屋さんの将来について悲観的な意見は聞こえない。
    下がったら引き付けて買いまくる。今期はベトナム稼働、EVも進展、決算どう出るか?保守的な予想が出て下がれば絶好の買い場と確信を持ってる。
    今後10年成長軌道に乗りそう。メイコーも今期は踊り場で、来期から成長軌道へ復帰といってる。車載市場では、数年先の案件が話し合われている。数年先の受注も読める産業。その点がスマホと大違い。来期は5G向けスマホもどんどん出てくる。車載と異なり中長期的な成長は期待できないが。来期業績は強烈な好決算と確信している。スマート工場化と製品ポートがBUなど収益性の大きい製品が中心となり大きく改善する。営業利益率も15%を超えてくるとみる。
    ベトナム第三工場が完成した時点では、車載向け基板メーカーでは世界最大のメ^カーとなる。電産社長も言うように、規模の世界。圧倒的規模の生産量なら、競争力が圧倒的に違う。ますます、小規模の会社と差がつくはず。3年後には、売り上げ2000億営業利益率15%で営業利益300億(EPS1000円)も視野に入ってくると予想する。

  • 976

    空売りマドンナ 強く売りたい 5月6日 18:45

    米国、対中関税引き上げ方針
    大統領「全輸入品に25%」

    上海株急落、5.58%安
    アジア市場全面安
     【上海共同】トランプ米大統領が対中関税を引き上げる方針を表明したことを受け、6日の上海株式市場の代表的な総合指数が急落し、連休前の最後の取引があった4月30日の終値に比べ5.58%安で取引を終えた。香港などの株価指数も下落し、アジアの株式市場は全面安の展開となった。

     上海市場はIT関連など幅広い業種で売られ、総合指数は大台の3000を割り込んだ。下落率は一時6.5%超となる場面もあり、関係者は「市場は米中貿易協議の妥結を見込んでいたが、当てが外れて動揺した」と話した。

     香港のハンセン指数は前週末比で2.90%安。


    (在米ジャーナリスト)
    繰り返し指摘して来たのだが、高官レベルで合意楽観論を唱えるのは米国側のみで、中国側は常に慎重だった。「ディールが近い」とトランプ大統領や高官が発言するほど、その差は目立つようになっていた。

    米国が要求する構造改革や、知財面における実効性を伴う条約執行などで揉めていると想像する。そうであれば、年初以来、特に進展はなかったことになる。

    米国側が進捗の欠如を楽観論でごまかし、市場の期待から圧力を感じさせて譲歩を引き出す戦術だったのだろう。

    だが、構造改革を受け入れた日本がどのような末路を辿ったか、歴史に学んだ中国が譲歩することはない。

    交渉は5月下旬までに妥結するどころか決裂して、「新常態」としての高関税や報復合戦が続くと予想。


    メイコー売り目標株価1,450円

  • >>974

    為替も元安が進行。為替のフォローもありがたいですね。
    車載既存品の流通在庫も順調に減少。今期から徐々に戻してくる上、下期からはADAS,コネクテッドカーに加えEV向け基板も出てきそう。もっとも、本格化は来期から、加速度的に受注ありそう。心配は、現状の生産キャパでは、到底厳しそうで、早晩ベトナム第三工場の第二期を前倒しになりそう。
    なんせ、米国の大手基板メーカーでも米国内ではほとんど生産していない。
    従って、米中経済戦争でも、米国以外から調達せざるを得ないことは明らか。ベトナムから出荷が急増しそう。車1台当たりの基板は、コネクテッドカーだけでも従来の3倍。ADAS,EVでどれだけ基板需要が増えるか。急増する需要に応えられる基板メーカーは、少ない。メイコー有利。CMKのチョンボもあり、一社購買のリスク軽減のため、メイコーへの発注が増加しそう。
    ますます楽しみ。明日以降下落したら、私のような投資家のみならず、逆日歩がついていることから、ヘッジファンドの買戻しが入ってくる。なんせ、PER7倍台、下がっても知れてるとみる。下がれば、メイコー最後の買い場であることだけは確信している。

  • トランプがまたまた爆弾発言。
    メイコーにとっては、漁夫の利を得るチャンス。
    対米輸出は、ベトナム第三工場への引き合いが殺到しそう。一方、中国国内では、日本電産決算説明会資料にもあるように、EV覇権(自動車)を狙って、中国では、EVへの投資が盛んで、世界販売の60%が中国、しかも、PHVを合わせたEVは年率100%を超えており、中国に続き欧州メーカーも意欲満々。まづは、ADASからで、EVはまだ先と見ていた関係者も多かったようだが、そのスピードは加速している。上記資料によると、現時点でも2024年電産のEV用モーター売り上げ4000億で、ひきあいは中国8社を筆頭に、欧州3社、日本2社、米国1社だそうだ。メイコーにとって、電産はお得意先で、電産以外のティア1を含め、トヨタなど、中国でのEV車への取り組みは積極的。2030年には、電産の車載売り上げは現在の3000億から4兆円へ。なお、電産では、引き合い殺到で工場新たに建設もとのことで、協力会社の協力がなければ、殺到する引き合いに応えられないとか。GR会社では、電産エレシス、今回電産がMAしたオムロンオートモーティブも表彰されています。その他、トヨタ、デンソー、ケイヒン、パナソニックなど車載に関連する会社との取引は密接です。本田は30年新車販売の2/3トヨタ1/2を広義のEV車にする予定。インドでもこれからEV車投入が。
    メイコーも30年売り上げ1兆円を超えている可能性も。
    私見ではあるが、メイコーも今後、ベトナムでの取得済み土地に工場建設計画が具体化しそう。

  • 972

    空売りマドンナ 強く売りたい 5月6日 17:07

     【ワシントン共同】トランプ米大統領は5日、米中貿易摩擦に関し、中国からの輸入品2千億ドル(約22兆2千億円)分に対する追加関税率を10日に10%から25%に引き上げる方針をツイッターで表明した。貿易協議の進展が「遅すぎる」と不満を訴え、全輸入品への制裁を念頭に、これとは別に「3250億ドル分の輸入品にも速やかに25%の関税を課す」と強調した。

     中国が態度を硬化させ、一段と交渉が難航しそうだ。米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は5日、中国が、ワシントンで8日から予定する米国との閣僚級貿易協議の中止を検討していると報じた。

    (某解説員)

    25%への引き上げは、昨年の第三段階で出していた方針だが、これまではそこに進まないという期待が高まっていた。
    これまでの段階含めて、改めて整理。ちなみになぜ今かという点では、記事にもあるように8日から閣僚級会談(劉鶴副首相が出席予定)だったから。

    【第一段階:7月6日】
    米国340億ドル分、828品目、25%。
    中国340億ドル分、545品目、25%。

    【第二段階:8月23日】
    米国160億ドル分、284品目、25%。
    中国160億ドル分、333品目、25%。

    【第三段階:9月24日】
    米国2000億ドル分、5745品目、2018年10%、2019年以降25%。
    中国600億ドル分、5207品目、5%と10%。

    【第四段階?】←イマココ
    第三段階の「2019年以降25%」部分の執行の方針を明らかにした

    【全体観】
    米国は中国からの輸入金額5000億ドルの半分程度に関税をかけ、米国は中国からの輸入金額の1500億ドルの7割程度に関税をかける(②)。
    第2段階までは対象金額も税率も米中で一致していたが、第3段階では差異が出てきている。
    主な対象品としては、米国が製造業の素材・部品・完成品が中心なのに対して、中国は第一段階で一次産品+自動車、第二段階で素材・資源、第三段階で製造業部品・完成品が主になっている。

    メイコー売り目標株価1,450円

  • 970

    dor***** 強く買いたい 5月6日 16:19

    (某氏)

    「IMFの試算では米中が輸入の全額に25%の関税をかければ米国の成長率を0.6%、中国の成長率を1.5%押し下げる。しかし世界全体の総貿易量は変わらないため、EU地域や日本を含めたアジア各国はむしろ恩恵を、受けこれらの各国の成長率は平均0.7%程度押し上げられる」

    メイコー売り目標株価4500円

  • 967

    空売りマドンナ 強く売りたい 5月6日 14:33

    (某氏)

    「IMFの試算では米中が輸入の全額に25%の関税をかければ米国の成長率を0.6%、中国の成長率を1.5%下振れる。 負の影響がとてつもなく凄い。」

    メイコー売り目標株価1,450円

  • 966

    空売りマドンナ 強く売りたい 5月6日 14:07

    CME日経先物▲560安現在

    経済評論家

    「当初は1月に引き上げるとしながら、交渉の行方を見守りつつ延期してきた総額2000億ドル部分のことですね。対象は他国からの輸入に切り替えるには時間が掛りそうな食料品とか家電といった生活に身近な製品が多く、米国内での値上がりに繋がり易い。とはいえ米国のインフレ率は2%をかなり下回って安定しており賃金も3%ほど上がっています。トランプ大統領は乗り切れると踏んだということか (・・?
    合意が近いと何度も報じられながらその実効性を担保する関税の撤廃時期やIT覇権に影響する核心な部分で折り合わず、米国が最近課したイラン原油の輸入禁止に断固反対として中国は取引継続を匂わせる。
    やってしまえ、というトランプ大統領の気持ちは分からないでもないけれど、半導体や半導体製造装置といった今回の対象に関わるものを中心に、米国と並ぶ巨大な日本の輸出先である中国の対米輸出が落ち込んだら、日本への影響はどう出るか。サプライチェーンが柔軟に切り替わらなければ、中国以上に影響を受けることだってあり得ないことではなさそうです。景気の先行きが微妙な折だけに、成り行きが気がかりです。」

    メイコー売り目標株価1,450円

  • 965

    空売りマドンナ 強く売りたい 5月6日 12:59

    【ワシントン共同】トランプ米大統領は5日、米中貿易摩擦に関し、中国からの輸入品2千億ドル(約22兆2千億円)分に対する追加関税率を10日に10%から25%に引き上げる方針をツイッターで表明した。貿易協議の進展が「遅すぎる」と不満を訴え、全輸入品への制裁を念頭に、これとは別に「3250億ドル分の輸入品にも速やかに25%の関税を課す」と強調した。

     中国が態度を硬化させ、一段と交渉が難航しそうだ。米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は5日、中国が、ワシントンで8日から予定する米国との閣僚級貿易協議の中止を検討していると報じた。


    メイコー売り目標株価1,450円

  • 963

    空売りマドンナ 強く売りたい 5月6日 11:26

    トランプさんの対中貿易交渉打ち切り予想で、
    関税も25%に引き上げ、円高急進、世界の市場は大変なことになっているわね。

    現在
    ダウ先物▲$500安
    CME日経先物▲500円安
    上海▲120ポイント安
    香港▲800ポイント安
    円高、一時110円高割れ直前まで急進

    ね、だから言ったでしょ、連休前に売って下さいって
    明日の東京市場はストップ安続出、大荒れよ。

    メイコー売り目標株価1,450

  • >>940

    関税25%

    > 米中貿易摩擦協議の合意も大詰めとなってきました。
    > アメリカ側は、早期解決を目指しており、あと2週間以内の決着
    > という表現も飛び出しています。
    > と言うことはうまく行くと、5月17日、18日頃に決着という
    > ことになりそうです!
    > いよいよです!
    >
    > ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    > 米中貿易交渉、最新の協議「生産的」だった-ムニューシン財務長官
    > Bloomberg News
    > 2019年5月2日 1:09
    >
    > ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    >
    > 米中両国は1日、北京で最新の通商協議を終了。ムニューシン米財務長官は
    > 「生産的」な話し合いができたと、ツイッターへの投稿で述べた。
    >
    > ムニューシン長官はさらに、今回の協議は予定より少し遅れて終了し、
    > ワシントンで来週再開するとも明らかにした。同長官はライトハイザー
    > 米通商代表部(USTR)代表、中国の劉鶴副首相との写真をツイート
    > に加えた。
    >
    > ホワイトハウスは中国との貿易協議を今後2週間で決着させるべく圧力を
    > 強めており、早期に妥結しなければ、米国が交渉の場から立ち去る用意も
    > あると警告している。

  • <<
  • 991 959
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順