ここから本文です

新聞内容が投稿されました。今回の記事を分析すると、
1.人件費が1/3に削減される。製造コストに占める人件費率が、10%とすると、製造原価は、6%以上削減される 
2.売り上げも300億増収となり、営業利益を60億押し上げ、2%押し上げる。
3.BU比率が20%上昇すれば、1.5%押し上げ、MSAPでの製造が増えれば原材料費が下がる。以上から3で、営業利益を2%程度押し上げる。
以上から、今後3~4年で、営業利益率を8%から最大18%にまで引き上げられる。ただし、全工場で同規模の省人化投資が可能か疑問。
控えに見て半分の5%でも、営業利益率13%となり、4年後売り上げ1500億
営業利益200億程度も期待できそう。
メイコーの収益構造を大きく変えることが期待できる内容であった。