ここから本文です

<<それが、慎重な、硬い企業だからです!
まあ、12月15日の会社四季報の見解と2月上旬の第3Qの決算発表を見れば
わかることです。第3Q決算発表で、第1Q並みの第3QのEPSが80円確保
されれば、それだけで上方修正後の年間計画を上回ることになります。
11月に福島第2工場増設も竣工済であり、加えて、ベトナム第1工場も年度内
の増設完了ということであり売り上げ増加に寄与するでしょう。
そして、会社が注力している利益率の好調が維持されれば超過達成は十分可能の
状況と思われます。
為替は下期110円の設定ですが、私は年度末見通しとして113円~114円
を想定しており、更なる為替差益の上積みも見込まれると思います。