ここから本文です

今日は昨日上昇分の半値ぐらいのダウンで済めばと半分諦めてましたが、場が引けてみれば4円安まで挽回。
今までのメイコーとは違う粘り強さを感じました(と言っても結果微減ですが)。
うまくいえませんが今回は今までの残念な思いだけが残る決算発表とは異なり、ホルダーとして薄日を感じること
ができた内容であったと思います。
リストラは遅すぎた感はありますが、売上は1,000億でなお増収しつつある非常に営業力ある会社でもあります。
荒療治ですが背水の陣のつもりで本気で取組めば、近い将来にもボトムで数十億の利益を出すことも不可能では
ないと思います。
株価については、個人的には今後の四半期決算で進捗を確認しながら、徐々にしか上がらないと思いますが、
現在がおおよその下限だと思います(売上950億、時価90億は非常に残念な状況です)
まずは、今回増額修正した計画を下方修正することなくしっかりやり遂げ、リストラも計画通り行われることを
切に希望します。市場の信頼を取り戻せれば株価1,000円になる時はそう遠くないと思います。
あとは、この会社特有の不運が発生しないことを祈っております・・・。