IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>1000

営業、資金調達、人材確保、アナリストのカバー、TOPIXなどのファンドへの組み入れなどで、投資家層拡大によるボラティリティ―の低下などメリットは大きい。一方、変更への事務作業の負担とその後の負担など、収益を生まない事務負担の増加などのデメリットを総合的に勘案すれば、メリットのほうが明らかに大きい。
従って、社長がどう判断するかですがやったほうがいいと考えています。いずれにしろ、二期連続での経常利益黒字が必要で、早くとも来年5月以降の今期業績が確定してからということになります。
現状、幹事証券である大和ですらカバーしとらず、昨日発表のあった一吉のみという状況では、困ったもんです。

  • >>1001

    最近投稿ておりませんでしたが、業績も順調であり、増産投資したベトナム、武漢もフル稼働。第三四半期業績も第二を下回ることはないはずです。業績面では、安心しておられて結構です。
    一方、期待されておられる方も多いと思いますが、四季報は、会社側が上方修正したこともあり目新しいものはないと考えています。従って、四季報発表で中立、若干安心感から買われるかなと思っています。なんせEPSで今季予想
    168円で、PER15,4倍。3000円でも17.8倍ですから3000円声があってもおかしくはないと思ってます。私も、2500円以下2400円まで指値を3000株入れてるんですが、外部環境の悪化でもなければ無理かなと。