ここから本文です

とにかく不安材料だったジンの債権者との合意がなされたというIRは、大きいと思います。あとは業績に見合った株価に向かってくれるものと信じたいです。