ここから本文です

昔は、優良企業で、『世界のステレオ、パイオニア』なんてキャッチコピーがあり、人気のブランドだった。2000年には、株価は4,500円を超えていた。どんな無能な企業経営をすれば、100円まで下がるのだ。利幅の少ないカーエレクトロニクスに経営資源を集中したところから大間違いだ。未だに、カーナビなんて造っていて、阿呆じゃないかと思う。デジタル技術の先読みも出来ない経営陣だったからこんなことになる。時既に遅し。でも、医療機器に力を入れるのではないかとパイオニアの技術に期待して、現物株を買ってしまって、未だに持っている自分のほうが、もっと阿呆だ。