ここから本文です

四季報の強気は、このへんが根拠ですね。4月27日。

<後場の注目銘柄>=タムラ製、高採算品の受注が増加
タムラ製作所<6768>は、受注が堅調推移をみせ、産業機器や自動車、家電、スマートフォン向けなど高採算製品群の売上増が期待される。
 具体的にはトランスなどの電子部品や、はんだなどの電子材料が、車載需要やモバイル端末向けに好調に推移。自動車用はハイブリッド車市場を開拓しているほか、スマホ向けでは高価格帯機種へのシフトが進む中国が需要を牽引している。

 受注改善により、16年3月期の連結営業利益は18期ぶりに過去最高益を更新する可能性が高い。同社は中期経営計画最終年度の16年3月期の営業利益を64億円としているが、少なくとも1998年3月期の過去最高営業益50億円を上回ることになりそうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)