ここから本文です

米国株が反落、ドイツ銀に巨額和解金支払いの可能性 ロイター 9月17日(土)7時43分配信

米国株が反落、ドイツ銀に巨額和解金支払いの可能性
ロイター 9月17日(土)7時43分配信

米国株が反落、ドイツ銀に巨額和解金支払いの可能性
9月16日、米国株式市場は反落して取引を終えた。モーゲージ担保証券(MBS)の不正販売問題でドイツ銀行が140億ドルの和解金を支払う可能性があると伝わり、米国の大手銀行株が連れ安となった。写真は2015年9月、NY証取前で(2016年 ロイター/Lucas Jackson)
[ニューヨーク 16日 ロイター] - 米国株式市場は反落して取引を終えた。モーゲージ担保証券(MBS)の不正販売問題でドイツ銀行<DBKGn.DE>が140億ドルの和解金を支払う可能性があると伝わり、米国の大手銀行株が連れ安となった。米国の利上げ時期を巡る先行き不透明感も相場の重しとなった。

米司法省がドイツ銀行に提示した和解金額は市場予想を上回った。ドイツ銀行の米市場上場株<DB.N>は9.3%下落。ダウ平均の構成銘柄であるゴールドマン・サックス<GS.N>とJPモルガン<JPM.N>も、ともに1%を超える値下がりとなった。

投資家らは米連邦準備理事会(FRB)が20-21日の政策決定会合で利上げすることはないとみているが、実際にいつ利上げに踏み切るか不透明なことが、市場心理の悪化につながっている。

S&P500種情報技術株指数<.SPLRCT>は0.33%低下した。IT大手アップル<AAPL.O>が0.6%安となり、部門全体を押し下げた。軟調な四半期利益を発表し4.7%安となったソフトウエア大手オラクル<ORCL.N>も重しだった。

週間ベースでは主要3指数全てが値上がりし、ダウは約0.2%、S&Pは約0.5%、ナスダックは約2.3%それぞれ上昇した。

先物やオプション取引の期日を迎え、米取引所の合算出来高は約93億株と、直近20営業日の平均である66億株を上回った。

騰落銘柄数は、ニューヨーク証券取引所では下げ銘柄が上げ銘柄を上回り、比率は1.79対1だった。ナスダックも1.18対1で下げが上げを上回った。