ここから本文です

日韓関係の悪化が止まらない。優遇措置の解除は韓国の輸出管理に問題があるというが、日本は、どこに問題があるのかを明確に示していない。韓国では、これは徴用工問題に対する日本の報復だと報道し、殆どの韓国人もそう思っている。輸出管理上の話はどこかに行ってしまった。話は本質から外れ、韓国人の瞬間湯沸かし器に火がついて、GSOMIA終了にまで発展した。日本は、韓国の輸出管理上の問題が何であるのかを明示し、韓国は、指摘された内容について反論すべきである。輸出管理上の問題に立ち戻り、この一点で、決着をつける事が重要ではないかと思う。話を拡散することは、感情論になり、益々、解決から遠ざかるだろう。徴用工や、慰安婦の件は、戦争が招いた悲しい出来事だが、日本が原爆や沖縄の悲劇を乗り越えて今日の繁栄を築いたのは、過去に拘らず、その悲劇を乗り越えたからであり、過去にこだわって、成長できない韓国の現状を考えるべきだ。