ここから本文です

 CPUを交流で往復計算させると、2の1Ghzと、1Ghzなら成ります。つまり、無限大に早くなります。クロックは抵抗をつけて、電圧降下で判断しましょう。水晶でもいいですよ。