ここから本文です

<注目銘柄>=OSGコーポ、水関連機器の設置先が拡大

10時00分配信 みんなの株式

 猛暑が続くなか、水関連事業を手掛けるOSGコーポレーション <6757> は要マークだ。

 足もとでは、水自動販売機が大手ドラッグストア系列店向けなどに拡大しているほか、ウォータークーラーも都営地下鉄などの駅や主要空港などへの導入実績をもとに、熱中症対策として学校や庁舎、各種スポーツ施設を中心に設置先が増加。また、水宅配も新規加盟店の獲得が進み、ユーザー数及びボトルドウォーターの出荷が伸長している。こうした状況を映し、19年1月期第1四半期(2~4月)の連結営業損益は5400万円の黒字(前年同期は2億600万円の赤字)に転換している。

 真夏に開催される2020年の東京五輪に向け、同社製品の設置場所を検索できるサイト「OSGみずまっぷ」を展開していることにも注目。株価は7月25日に動意をみせるなど関心が高まりつつあり、まずは1月9日につけた年初来高値964円を目指す展開に期待したい。(参)

出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)