IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>481

こんにちは。
記事を読む限りでは、富士通ゼネラルがラザードを雇った、となっています。ラザードは所謂M&Aの専門家です。また、「富士通はまだ最終決定していないという見方がある」一方で、内外の投資ファンドが売りに出るのを「今か今かと待ち構えて」いて、「争奪戦は必至」とあります。もし記事が正しいのであれば、みんな以前の日立国際とか日立化成の時みたいにTOBになって高く買われるのでは、と考えてもおかしくないですよね。富士通も普通に考えればできるだけ高く売りたいでしょうから、争奪戦必至であるのなら、バーゲンで売る必要はないですよね(むしろ、バーゲンで売ったら、富士通が自分の株主に文句言われますよね)。