IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

日米両政府は、インド太平洋地域で高速・大容量の通信規格5Gの「オープン化」支援に動く。安全保障上の観点から、中国メーカーの影響を排除する狙いだ。日本の5G関連銘柄の商機につながる可能性がある。