IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

PCR検査 死亡後に陽性 「結果」待つ中2人自宅で死亡

兵庫県は、PCR検査の結果を待っている間に、自宅で2人死亡していたことが新たにわかったと発表した。

兵庫県によると、2020年12月1日から2021年1月17日までの間で、あわせて226人が死亡しているが、このうち死亡した2人は、PCR検査を受け、いったん自宅に戻って、検査の結果を待っている間に死亡し、死亡後に陽性が確認されたという。

兵庫県の担当者は、「入院調整中に症状が悪化した人を優先的に入院させるように努めている。現時点で入院調整中にやむなく自宅で死亡した人は把握していないが、今後精査していく」と話している。