ここから本文です

>>867

具体的に言えば、例えば1000万円でこの債権を買った場合、
1年後株価が2倍になっていても、元本は5%しかアップせず、
株価が70%に下がっていた場合は元本は70%となって300万円損失する。
1年後には株価が上がるのであれば、株に投資した方が良い。
又は1年後に大きく下がるのであれば、元本が大きく目減りするこのような
債権はどうかと思う。利率が低くても元本の減らない債権の方が良い。
つまり、この債権は経営不安がある企業の経営者に都合の良い債権である。



> 株価上昇局面では株価との連動性が高くなり、下落局面では債券としての価値が下支えとなり下落が緩やかになる特性があります。
>
> 年利率8.55%(税引前)シャープ株価連動社債
> 参照株式:シャープ株式会社(銘柄コード:6753)
> 利率:年8.55%(税引前)/ 6.813%(税引後)
> 期間:1年