ここから本文です

トヨタがシャープ製薄型太陽電池パネルをボンネット、ルーフ、リアウィンドウ、スポイラーに貼ったプリウスを試作
航続距離56Km(35マイル)まで到達
天候や自重との問題を抱え、パネル自身0.03ミリの薄さだが車体との間にバッファを要する為、トータルで厚さが数センチになり、価格的にも商業生産レベルに合わないとも・・

二か月前にトヨタは最初の試験結果としてシャープ製パネルの転換効率が34%であり860ワットの発電に成功したと発表したが、同時に、プリウスPHVモデルの太陽電池の発電量が180ワット、発電効率が22.5%と述べたことから、今回の使われた電池がプリウスPHVモデル用の約5倍もの発電量だそうだ・・

原文冒頭は以下の通り

"Toyota is testing a solar-powered Prius that may some day not need to be plugged in to recharge, Reuters reports, adding that the car’s range on a single charge could reach up to 56 km or 35 miles.

The test car is equipped with super thin solar panels, designed by Sharp, which are usually deployed on satellites. On the Prius, the panels cover the hood, the roof, the rear window, and the spoiler to make sure the vehicle absorbs as much sunlight as possible."

原文_ttps://oilprice.com/Latest-Energy-News/World-News/Toyota-Experiments-With-Solar-Powered-Car.html