ここから本文です

6/27(木)に戴会長、初の役員報酬(日刊工業3面)という記事が掲載されましたが、今まで無報酬だったことに驚くと共に、戴会長のシャープ立直しの本気度と真面目な人柄に感銘を受けました。会社をボロボロにしながら巨額の役員報酬を得ている日本人経営者がなんと多いことか。。(苦笑)

・・・この記事は、負債を返済して、やっと堂々と役員報酬を受け取れるほど経営が安定したという表れだと思う。心情的にもそんなシャープを応援したくなりました。この会社、次に資金的なゆとりが出来たら、自己株式取得を発表することでしょうね。こんな割安な株価でほっておくはずはない。経営者が替わるとこうも会社が変わるのかという見本だな。