ここから本文です

>>590

weibon君 キミのシャープ批判は聖書より多そうだな 大爆笑 !!


シャープ(株)

No.312

強く売りたい
だからロボホンは何台売れたのか…

2016/11/12 14:02
>>No. 308

だからロボホンは何台売れたのか発表してみろや、インサイダーじじい。
シャープはグッドデザイン賞もそうだが、受賞しても受賞しても赤字が拡大だ。何か目的を取り違えてるんじゃねえのか?答えてみろ、ウソつきインサイダー害虫老人。

中国ディスプレイメーカーが既に量産を開始。やがて最強の東方BOEも参戦してくる。設備や特殊原材料については日本のメーカーが供給。技術格差は時間が解決するだろう。2020年頃には既にOLEDもコモディティ化して価格競争が激烈化が予想される。シャープの量産品が出てくるのはようやくその頃。話にもならない。

3Q前の下方修正IRなwwwwwwww
シャープをウソつき呼ばわりしたホンハイがウソつきになった時のインパクトはデカいwww

おいおい、信用倍率先週の36倍から50倍かよ(笑)
この6年間で初めて見る倍率だぜよ。何かミシミシ音を立て始めてるような気がするぜ?

シャープのドアホルダーとかけて博多駅前ととく。その心は…。
うはははははwwwwwwww

【Apple、次期iPhone向けのOLEDディスプレーをSamsungなどに発注か 】
米Appleは、次期iPhoneに用いるOLED(有機EL)ディスプレーの調達に関し、すでに数十億ドル規模の発注を行ったと複数の米メディア(AppleInsider、ValueWalk、BGRなど)が現地時間2016年11月9日までに伝えた。 これらの報道によると、これはJ.P. Morganのアナリストらが調査ノートで報告したもの。発注の期間は約1年に及び、金額は少なくとも40億ドル(約4213億6000万円)に上るという。


ほい、正式決定ですな。来年のiPhone8はOLEDで確定。
シャープの液晶事業は来年以降、確実に最悪の状況に晒されます。
昨年度のシャープのアップル向け売上高は6700億円。最強の痛手ですね。
シャープの有機ELですか?これからテストライン用の設備を発注して稼働するのが平成30年だってIRで出てますからねえ。ホンハイグループそのものが赤字転落さえ見えてきました。予想通りです。長期保有するとか言う人の神経に驚かされます。

国内携帯上期シェアが出ました。
シャープは富士通、京セラにさえ追い抜かれて5位転落!
もう売る力も商品の魅力も何もなくなってきたということでしょう。
バッテリー長持ちがご自慢のIGZOスマホはもう商品としてまるで訴求力なし!!技術に胡坐をかいてユーザーニーズを取り込めないシャープの悪癖が招いた惨事と言えましょう。

そうそう。7月から台湾や中国、東南アジアへホンハイの後押しで販売を開始した糞安シャープスマホの売れ行きを発表してくださいよ、ホンハイさん。
有言実行なんでしょ?新発売のスマホなんざ初動が大事なんですから。
それとも、まったく売れてないものは発表せずですかあああああああ?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

JDIは下期にアップル、中国大手スマホメーカー向けが大伸長すると発表したが、シャープは同じ2Q決算発表で液晶に関しての報告は何もなし。
それどころか下期も昨年度を下回る売上予想としている。
単純にハイエンドパネルのシェアがシャープからJDIに移行しているだけの話である。やはりIGZOの歩留まり悪化が止まらないのだろう。それを制御できるシャープの液晶エンジニアは方志氏が全てJDIに連れてきた。
ホンハイシャープの液晶没落は時間の問題である。

3Qで決定的な結果が出よう。

ホンハイシャープは米中、双方の政治的挟撃で来年以降、地獄へ直行するのは間違いないですね。

ホンハイ4四半期連続の減益。即ち、1年間ダダ下がり。しかもiPhone7立ち上げピークである7-9月で純利益が8.6%も落ちている。やはりアップルからの値引き要請が間違いなく効いている。売上から計算すれば利益率は3%を切っている。
と言うか。この数字自体、信用できない。書いてある通りホンハイは「業績の開示日を公表せず、見通しや収益に関して投資家向け説明会も開催せず、毎月の売上高のみを開示」しておらず、最終利益の中身も財務内容もアナリストでさえも解読困難と言われている。非常に投資家には不親切な企業だ。
人件費が高騰している中国で100万人も雇用を抱えていながら、利益が出続けていること自体が不思議である。ロボット化を進めていると言いながら、そのロボット数十万台の償却だけでも大変な額だし、巨大液晶工場や企業買収などで2兆円以上のキャッシュが飛んでいるはずだ。なのに財務にまるで傷がついていないと言う摩訶不思議。そこにメスを入れようと台湾マスコミが動くと記者が告訴されて抹殺されると言うのは有名な話。ここのドアホルダーどもはよくこんな会社を崇拝できるものだと感心するばかりである。