IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

奥田社長が下記コメントを出した模様。

9−12月売り上げが、4か月連続で前年を上回った
白物家電好調・液晶需要増加・円安要因で営業収益が会社想定を上回った

  • >>143707

    これですね。

    12年10─12月の営業利益、計画以上に順調=シャープ社長
    15時09分配信 ロイター

    1月7日、シャープの奥田社長は、2012年10─12月期の営業利益が計画を上回って推移したことを明らかにした。写真は同社のロゴ。昨年12月撮影(2013年 ロイター/Yuriko Nakao)
    現在値
    シャープ 282 -13


    [大阪 7日 ロイター] シャープ<6753.T>の奥田隆司社長は7日、2012年10─12月期の営業利益が計画を上回って推移し、昨年9月から12月までの4か月間の単月売上高も前年同月を上回ったことを明らかにした。

    大阪市内で記者団に語った。鴻海精密工業<2317.TW>との出資交渉については、引き続き協議を進めていく意向を示すとともに、中期経営計画については、まとまれば今年度中に公表したいとの考えを示した。また、資本増強には様々な手段があるとし、中計の中で発表したいとの姿勢を示した。

    鴻海や米半導体大手クアルコム<QCOM.O>以外の個別の提携交渉については、「コメントを差し控える」と述べるにとどめた。直近の業績では白物家電の販売が好調に推移。新型液晶についても、多方面から受注が増え始めていると話した。鴻海の郭台銘(テリー・ゴウ)会長とは「今のところは直接会っていない」とした上で、タイミングが整えばトップ会談したいとの意向を見せた。

    シャープの13年3月期の最終損益は4500億円の赤字(前期は3760億円の赤字)と、2期連続で巨額赤字を計上する見通し。12年9月末時点の自己資本比率は9.9%で、12年3月期末時点の23.9%から大きく落ち込んでおり、財務体質を強化する必要に迫られている。

    シャープは昨年3月末、鴻海と資本業務提携を実施すると発表。当初は鴻海グループ4社に1株550円で第三者割当増資を実施して同グループのシャープ本体への出資比率を計9.9%とし、669億円を調達する予定だったが、その後のシャープの株価下落に伴い、出資交渉は難航中。払い込み期間は2013年3月26日までとなっている。

    鴻海との交渉の一方、シャープは米クアルコム<QCOM.O>と、次世代ディスプレーの共同開発で合意。クアルコムから2段階で出資を受け入れることとなった。出資総額99億円のうち1次分の約49億円については、昨年12月中に払い込みが完了。第2次分については、シャープが12年度下期に営業黒字化を達成することなどが条件となっている。また、シャープは米半導体大手インテル<INTC.O>とも提携交渉を進めている。

    さらに奥田社長は今年4月以降、カンパニー制を導入し、各カンパニーが独立して経営管理できる体制を構築する方針を示した。

    http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20130107-00000057-reut-bus_all

    売上が4か月連続で前年比プラス、経費削減が加わり10-12月期の営業利益も計画以上。
    好材料だ。