ここから本文です

>>694

この話には続きがあります。
ある役員が勇気を出して「社長、”いこのべ”です。」といったんです。
そしたら、津賀が「”いけべ”に変えよ」と言ったのです。
それ以後、津賀信長と言われて悦に入っているらしい。
今、パナでは、「わしが光秀やる」とか「秀吉やりたい」とかで
けんかしているそうです。
女子社員も、お市じゃ淀殿じゃと、そのかしましいこと。
さば読ん太郎著の「パナ取物語」としてもうすぐPHPから刊行されます。