ここから本文です

推進屋さんにやって頂いた、お仕事。
総務省統計局が言うには、
微増で増えて来ていた国内の総人口は、
1F事故を境に、
ここ4年で、100万人減らしている。
これに関しては、勿論、
各種こじ付けの言い訳が成り立つのだろうが、
「ストレス」(原発爆発後、4年以上も?)
「喫煙」(喫煙者は減っている)
「農薬」(確かに日本は、農薬を多く使うが、農薬工業会からのデータでは
     ここ10年位は、全国での農薬使用量とその化学組成比は
     変わっておらず)
「高齢化」(総務省統計局の資料からすると、熟年者から高齢者への
      人口移動は、年間数%程度。
      各種病気が、年率3~4割と増えている状況には、
      説明が付かず)
「検査機械の進歩」(技術屋ならば、画期的発明、そしてその実用などは、
          カメの歩行のように、
          日進月歩だと言う事実を誰でも知っている)
と、全部、自罪逃れの子供騙しで結論付けられる。
つまり、人口減は、福島第一原発を3基ほど爆発させた
推進屋さんによる、お仕事で、こうなったとしか説明が付かず。
但し、幾ら、推進屋さんが憎らしくても、
また、原発が無くても電気は足りてる中、
彼らが単に、
”危ない事したがり”のテロリストに見えても、
彼らに、ドローンを投げつけたりの、軽蔑を込めた差別は、止めるべき。
幾ら、人道的立場・人命尊重の立場から、脱原発を唱えても、
サリンが放射性物質に変わっただけで、
大地震・津波が近い将来、浜通りを襲うと言う事を分かっていつつ、
猛毒を撒いたと言う面で、行為的にはオウムと何ら変わらず、
精神構造としては、自分自身の”利権”と言う
名のポケットマネーを稼ぐ為には、
人体に極めて危ないモノの放散による
人殺しも全くいとわずの、これら原発推進。
彼らと、全く同じレベルになってしまうので。
ちなみに、官邸にドローンを持ち込んだ犯人。
執行猶予が付くのか否かに興味あり。
推進屋の多くは、田母神が、
「年間236Svであっても、放射能は身体にいい。」
と言ったり、福島の土を持ち込まれた張本人の安倍も、
「自分は、ラドン治療をしているので、放射能は身体にいい。」
と、理論抜きで信じている。
となると、威力業務妨害と言うよりも、送られた本人が喜ぶ、
贈答となって来るとも考えられ。

6752 - パナソニック(株) 推進屋さんにやって頂いた、お仕事。 総務省統計局が言うには、 微増で増えて来ていた国内の総人口は、