ここから本文です

2匹目のどじょうと言うことで、低PERの上場子会社の株を広く薄く買い始めている。

上場子会社に対するガバナンスの締め付けが強くなれば、親会社の完全子会社化は今後も増えそう。低PERであれば障害も少ないだろうし。