ここから本文です

消防機器 規格ごと輸出
政府、法制度や防災技術提供 品質武器に東南ア開拓
[有料会員限定
ttps://www.nikkei.com/paper/article/?b=20181115&ng=DGKKZO37780300V11C18A1MM0000
政府は日本製の消防用機器の海外展開を後押しするため、日本の規格を海外に売り込む。法制度の知識や防災技術も提供し、民間企業が火災報知機や消防ポンプなどの製品を輸出しやすい環境を整える。東南アジアなど途上国の需要を取り込み、ビジネスの市場を拡大する。
スプリンクラーや消火器などの消防設備の仕様は各国でバラバラだ。例えばスプリンクラーは日本企業が生産していない馬てい形が世界では主流。消火器の安全ピンは日本は上抜きなのに対し、世界では横抜きが多い。日本は品質の高さを売りに、未整備の分野を狙って規格を売り込む