ここから本文です

次期の連結業績予想につきましては、売上高は70億55百万円(前期比39.1%増)営業利益72百万円、経常利益 57百万円、親会社株主に帰属する当期純利益36百万円を予想しております。  ピクセラ単体では、2018年9月期に4K衛星放送受信に関する技術開発の主要部分の開発をほぼ完了させ、既に 発売している4K衛星放送を受信できるAndroidTV ™ を搭載したセットトップボックスに加えて、大手家電メーカ ー向けに4K衛星放送を受信できるTVボード、及びBtoB向けTVの出荷を予定しており、関連売上高が45億67百万 円、営業利益61百万円を予想しております。子会社のA-Stageでは、販路を継続して拡大し、新ブランドRe・De の立ち上げによる売上高、及び利益率の向上も見込まれることから、売上高24億87百万円、営業利益11百万円を 予想しております。