IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

親会社の武漢精測電子集団公司は、9月に子会社を設立してますね。これだけで5億元(78億円)もかけ半導体事業に投資しているので、これから数年は成長フェーズになっていくと思われます。

Jingce Electronicsは、同社の戦略的開発計画によれば、完全所有子会社の設立への投資は、同社の全体的な戦略目標に沿ったものであり、半導体業界の業界チェーン全体における同社のビジネスレイアウトをさらに改善し、同社の包括的な収益性を高めるのに役立つと述べました。会社の世界での地位をさらに強化します。
公開情報によると、Jingce Electronicsは2006年4月に設立され、主に半導体、ディスプレイ、新エネルギー検出システムの研究開発、製造、販売に従事しています。顧客には、BOE、China Star Optoelectronics、CLP、Samsung、Sharpなどが含まれます。

同社の子会社であるWINTESTとその完全子会社であるWuhanのWayneTestingは、現在、ドライブチップ試験装置の分野に注力しています。現在、同社はWINTEST半導体試験分野で関連技術を導入、消化、吸収しており、すでに関連製品を保有しています。 R&Dと生産能力だけでなく、生産コストをさらに削減し、関連製品の競争力を向上させるために。現在、バッチ注文が取得されています。

Jingce Electronicsによると、同社は現在、WINTESTがすでに取得している注文を含め、半導体分野全体で10億レベルの注文を蓄積しているという。

6721 - ウインテスト(株) 親会社の武漢精測電子集団公司は、9月に子会社を設立してますね。これだけで5億元(78億円)もかけ半導