IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

今日は日経平均が騰がり、値上がり銘柄数が9割に達している。
いよいよ解散総選挙が意識され始めたのだろう。
こういう時、自民党政権なら、株価を上げることが優先事項となる。
菅総理の人気凋落が激しいので、なおさら「株価だけは上げておけ」ということになるのだろう。
NEC株については「上限が5700円、下限が5500円」をキープすれば長期投資家には見放されずに済む」という考え方のようだ。
前期の一株利益が570円(EPSという)だったのに対して、今期のEPSは240円の予想・・・55%の減益予想なんだから、どんなに騒いでも5700円以上に買い上げることは無理だろう。
ちなみに前期の予想EPSは340円だった。それを570円まで頑張ったのだから
NECは絶好調だったのだ。当然株価は7000円を超えると思うのも無理はなかった。
それを今期予想は240円と発表したものだから、市場はびっくらこいて売り込んできた。
前期の好調は平井がどうのこうの言ったって今期に引き継がれているはずなのにね。
その辺は機関投資家のファンドマネージャーは馬鹿じゃないんだからヨーク心得ていますよ。5700円以上に買い上げればクビですよ。
中間決算でよほどいいことが発表されれば(EPSがせめて340円とかに見直されれば)騰がる可能性は出てくるだろう。11月の話だよ。ちょうど衆院選も終わっている頃なので、そのころには株価にハプニングが起こるかもしれない。

マトモナ投資家なら最低でもこれくらいの数字に基づいた計算はしておくべきだな。
他人に愚痴グチ当たったり、ちっとも騰がらないとか、糞会社とか投稿してもなんの解決にもならんよ。すこしは調査して投稿してほしいな。人並みのIQ(頭の程度)を見せてほしいもんだよ。