IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

今期は、ここの株価に期待しても無駄です。
二つの「ノロイ(呪い)」がかかっています。

一つ  ここの社長がかけたノロイ。
>>「NECは1000円割れから5000円台に復帰した。充分に頑張ってきた。
5000円台に満足している。今期は将来に備えて研究開発費を増やし、利益は二の次にすることにした・・・」というようなことを期末決算で言ったんだよ。
それで株価は一時5000円割れまで突っ込んだんだよね。

二つ  デジタル庁の平井大臣がかけたノロイ
「NECには死んでも発注しない」 
「他の業者に対しての見せしめの意味もある」

しかし  どちらかというと社長のノロイが決定的となっているようだ。
前期の一株当たり利益予想は340円だった。そしてその通りに達成し増配となった。株価は7000円超えを期待させるものだった。
今期は一株当たりの利益予想を240円に下げた。 こりゃーだめだよ。
一方、平井のノロイはどの程度かと思ったが、1Qの受注実績を見ると、ほとんど効いてないようだ。

株価についてはヒトエにただただ社長の責任だな

株主さん ご愁傷様でした

  • >>637

    今期から新社長に就任したのだから、やりそうなことだ・・・

    就任時の株価は5000円割れまで落ち込んだが、3年後に1万円を超えれば、その手柄は自分のものになる。
    就任当初に1万円を超えるようなことがあると、3年後にも1万円でちょぼちょぼであれば「ボンクラ社長」の評価で終わってしまう。
    就任当初は利益を削ってでも技術開発に投資しておけば、3年後に大きな期待ができる。
    東大卒のサラリーマン社長の考えそうなことだ。
    日本電産やソフトバンクのようなオーナー社長なら自社の株価上昇に心血を注いだ経営をしているのにね。
    そういえば富士通も自社株買いをしたり、一株利益に強い関心をもっているようだ。
    サラリーマン社長でもいろいろなんだね。
    学校時代の点取り虫は会社経営には向いてないのかな。

  • >>637

    >>しかし  どちらかというと社長のノロイが決定的となっているようだ。
    前期の一株当たり利益予想は340円だった。そしてその通りに達成し増配となった。株価は7000円超えを期待させるものだった。
    今期は一株当たりの利益予想を240円に下げた。 こりゃーだめだよ。
        ↑
    楽天の5Gの技術がドイツに2000億円で売れたぐらいでは、ここの株価は連れ高できないよ。

    なんせ、ここの社長は、儲かった分は研究開発費に使ってしまうと云ってるのだから
    さすが技術のNECですねー  と言いたいところだが
    社長の呪いはなおも続くー  というところですかねー
    株主は耐えて耐えて又耐えていかなければならんのだぞ
    来期まで待てばやがて株価1万円の春がやってクルー  という感じで

    そういえば楽天の5G技術はNECが受託開発したものなんだよねー
    技術の器用貧乏はなおも続くー