IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

10/9
1304+110高値1325
終値ベースで1300突破だゼヨ
2020/8EPS 89.7円→PER 14.5倍

大幅高。半導体向けを主力とする高周波プラズマ電源装置のトップメーカーで、ここ世界的に半導体市況回復期待が高まるなか、見直し買いが流入している。前日のアジア株市場では半導体受託生産世界トップのTSMCの7~9月の売上高が大幅な伸びとなったことで同社の株価も上昇、大手半導体メーカーの設備投資意欲の高まりを織り込みに行く段階に入った。同社は来週14日に20年8月期の決算発表を控えるが、営業利益段階で前期比85%増の10億5000万円を計画している。市場では未達の可能性が意識されているが、株価的には織り込みが進み、ここ三井住友DSアセットマネジメントが純投資目的で保有株を買い増す動きなどをみせていることも思惑につながっている。


2021/1/21
1619+159高値1624
終値ベースで1600突破だゼヨ

上げ足早める。高速通信規格5Gの基地局関連投資や5G対応スマートフォンの量産を背景に半導体市況の回復が顕著となっており、関連装置メーカーも商機が高まっている。同社は半導体向けを主力に高周波プラズマ電源装置でトップシェアを誇り、この恩恵を享受するとみられている。機関投資家の買い増しの動きなども観測される中、時価は昨年来高値2030円から500円近く下値にあり、出遅れ修正狙いの買いが活発化している。


2021/4/28
1756+134高値1770
終値ベースで1700突破だゼヨ

ADプラズマ、12-2月期(2Q)経常は36%増益
 アドテック プラズマ テクノロジー <6668> [東証2] が4月9日大引け後(15:00)に決算を発表。21年8月期第2四半期累計(20年9月-21年2月)の連結経常利益は前年同期比4.6%減の4.8億円に減り、通期計画の9.2億円に対する進捗率は5年平均の57.4%を下回る52.3%にとどまった。

 会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した3-8月期(下期)の連結経常利益は前年同期比14.0%増の4.3億円に伸びる計算になる。

 
2021/5/6
1880+18高値1956
引け新値だゼヨ