IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>2552

2006年にFIFAワールドカップドイツ大会で採用

2008年にはMedeia Broadcast GmbHによるドイツ国内放送用次世代ネットワーク("Broadcast NGN")、
2009年にはドイツ全土の公共放送局用ネットワークHYBNETと続いた。

その後、米国、オーストラリア、韓国でも大型案件を相次いで受注。

米国では2010年、北米最大の通信事業者AT&T社が、米国全土を結ぶ放送用ネットワークで採用している。

オーストラリアでは2012年、オセアニア最大の通信事業者Telstra社がオーストラリア大陸全土を網羅する次世代放送用ネットワークで採用している。