ここから本文です

中国は石炭火力発電が多すぎなんだろな

石炭は石油や天然ガスにとって代わられ、「今や主役ではない」というイメージがあるかもしれません。エネルギー資源の海外依存度が大きい日本では他の発電方法とのバランスをとることが重要ですが、今でも日本の電気の34%は石炭火力でつくられています。世界を見れば中国では73%、アメリカでは40%の発電に石炭が利用され、ヨーロッパでも多く利用されています。
世界中の電気の41%を担っている石炭火力は、まさに“なくてはならない存在”なのです。