IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

株やる個人の9割以上は損を出してると良く言われるのよね。私もそれは事実だろうと思ってるのよ。それで、それはどう言うことかよく考えるとね。次の事に行き着くのよね。
「株で勝つにはどっかの時点で多くの者(9割以上)が考える逆の事を考えなければならない」
それで、そのどっかの時点とは、次の様な時点では無いかとね
○多くの者が未だ未だ上がると思う時が相場の天井付近
○多くの者が未だ未だ下がると思う時が底値付近
○多くの者がもう底値付近と思った時は下げの途中(未だ未だ下がる)
○多くの者がもう天井付近と思った時は未だ上げの途中(未だ未だ上がる)
勿論、全てがそうなるとは限りません。けど、そう言うことが多く起こっていると思うわ。
皆も考えてみたらどうかしら?