ここから本文です

今回の決算、数字は散々でしたが、アパレル事業においてファセッタズム、及びCostume Nationalの数値についての具体的な記載があったのは好印象でした。そして、IOT事業については好調の様子。