ここから本文です

以下に、カイカ株の今年の売却についてまとめました。
【】内に注目してほしいのですが、約10%と破格の割引率で「誰か」に売っています。割引の合計は6.6億円にも上ります。しかし、レオスに対しては割引率0%です。
「誰か」は破格の割引率で買った株を即市場で売り、4億円程度の利益を上げたと思われます。ネクスが直接市場内で売っていれば、その4億円の利益はネクスのものでしたので、ネクス株主は大損しています。
なぜ「誰か」にだけ破格の割引なんでしょうか。特定人物に対する利益供与にはならないのでしょうか。

■2017年 ネクスグループ売却株数 ()は推定 【】は前日終値からの割引率
平成29年1月25日 1300万株 80.76円【-2.7%】 市場外売却
平成29年2月24日~平成29年3月8日 【-8.8%】857.1万株 68.97円 市場外売却
平成29年4月18日 167万株 60円【-0%】市場外(レオス?)に売却
平成29年4月26日 653.5万株 59円【-0%】市場外レオスに売却
平成29年5月8日 153.9万株 (64円) 市場内売却
平成29年5月9日 70万株 (64円) 市場内売却
平成29年5月16日 1250万株 72円【-8.9%】 市場外売却
平成29年5月23日 1000万株 64円【-9.9%】 市場外売却
平成29年6月8日 1250万株 58円【-14.7%】 市場外売却
平成29年6月23日 1250万株 55円【-12.7%】 市場外売却
平成29年7月6日 1500万株 54円【-10.0%】 市場外売却
平成29年7月20日 1500万株 50円【-12.3%】 市場外売却
合計 10951万株 67.8億円