ここから本文です

国交省、後付け安全装置の開発要請 車メーカーに
2019/07/05 20:41 日経速報ニュース 503文字
印刷
 高齢ドライバーのアクセル踏み間違い事故が相次いだことを受け、国土交通省は5日、国内の完成車メーカー全8社に、後付けできる安全運転支援装置の開発を要請した。ブレーキと誤ってアクセルを踏み込んだ際の急加速を防ぐ機能を持たせる。新車では安全装置の搭載率が高まっており、販売済みの車にも普及させ事故防止につなげる。
 8社には、8月初旬をめどに後付け装置の開発計画の提出を要請した。すでに装置を開発、販売しているメーカーには対象車種を拡大できるようにすることを求めた。国交省は、各社の開発計画などを基に後付け装置の性能認定制度を設けることも明らかにした。
 後付け装置は、車両前後にセンサーを取り付け、障害物を検知しているのに誤ってアクセルを踏み込むと、エンジンの燃料噴射を抑制するタイプが販売されている。
 新車ではこれらの安全装置が普及しており、2017年の搭載率は加速抑制機能が65.2%、自動ブレーキが77.8%だった。販売済みの車でも普及を拡大させる。
 高齢者の運転による事故は、4月に東京都豊島区で乗用車が暴走し12人が死傷したほか、大阪市でも6月に歩行者ら4人がはねられ軽傷を負うなど各地で多発している。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ケンウッドはこの装置は全くノータッチやったかな??