IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

不動産市況の悪化は、一般庶民の生活に直撃する。
日本の不動産バブルの時に一般庶民に影響した事は重要な事実。
美容製品等(数万円程度)を購入している層は、まさに、住宅を購入している「中堅層」
・不動産会社の政府による自己資本規制の強化→開発案件の低迷→不動産市況の悪化→既存不動産の価格低下→不動産会社のB/S悪化→金融機関の不良資産増加
           →個人の資産内容の悪化→景気の悪化→支出抑制
・政府による金利調節→金利UPによる不動産バブルの鎮静化→景気の低迷
          →金利Downによる景気の維持→不動産バブル継続
 景気とバブルの両方/同時に効果的な政策は困難
 中国政府のかじ取りに過度な期待はリスクかも。