IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

 日本の1990年代の不動産バブル崩壊を紐解けば、中国が今後たどるで有ろう景気後退のリスクを理解できる。
 不動産会社(住専、秀和等)への過剰融資、不動産価格の下落、担保価値の低下、不良債権化、金融の機能不全、景気低迷、消費低迷。
 国富全体に対する不動産価値の占める割合がいかに大きい事か。
 中国政府が、景気を減速させずに不動産バブルを沈静化させる事が出来る方策を有しているか不明。