IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>1085

自分が事故を起こしてしまった場合、事故の発生を警察に連絡することが第一となる。その後は、現場の警察官の指示に従うという点では、一般の事故の場合と同じだ。人の死傷がなく器物(動物を含む)損壊のみの交通事故については、物損事故として扱われるため「免許証の減点」や「反則金」などの法的罰則は適用されていない。ただし、単独で発生した事故であっても人の死傷が伴う場合や、当然ながら無免許や飲酒などの悪質な違反行為がある場合は、この限りではない。なお、物損事故の被害補償については自賠責保険の対象外となるため、すべて任意保険から賠償される。事故に遭った動物については、現場の警察官によって自治体や道路管理者などの関係機関へ連絡がされ、動物保護と危険防止措置の観点から迅速に処置されるだろう。

また、事故にあった動物を道路上で見つけた場合も、ドライバーはその所有者や保健所、道路管理者などの関係機関へ速やかに通報をする必要がある。そのままにしておくと、事故の原因にもなりかねない。道路管理者への連絡先は道路標識などにも表示されていることも多いが、分からない場合は、警察や自治体へ連絡しても構わない。