ここから本文です

今回のADR事業申請 結構スピード感ある。何年も赤字を引きずってる企業がある中で、2期赤字での申請。ゲーム用電源アダプター、電気自動車の車載用DC-DCコンバータなど有力分野は盛沢山。今回の太陽光の失敗を糧として再生してほしい。TDKの子会社化の中での再生が一番最良の選択肢に思う。電気自動車の未来的拡大を考えるとTDKは田淵電機をもっていてもいいのではないか。ADR申請させるのはTDKのずるがしこいところによるのではないか。少しでも債権放棄を引き出して軽くしてからの方が引き取りやすい。債権放棄、債権の株式化、金融支援による現債務の返済の3つを取り混ぜて銀行が一方的に損にならないようにして再生させるのが絵ではないか。債権放棄20億、債権の株式化10億、金融支援70憶で、TDKを割当先による新株発行40憶いうところが妥当かな。