ここから本文です

ちなみに、同業のセパレーター専業大手のニッポン高度紙工業は、冴えない決算でもPER27.56倍。ここは今日時点の会社予想で10.63倍しかない。

単純計算で、ニッポン高度紙工業並みの企業価値があるとすると、株価は少なくとも今の2倍の2700円、2.7倍とするなら3500円になります。

電気自動車の普及の黎明期にあって、今後の成長性が楽しみですね。