IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
  • >>968

    多くの国がロックダウンを実施している中で、なぜEVやPHVの販売が伸びたのだろうか。
     理由の1つは、販売ルートにある。欧州で販売が伸びるEV専業の米テスラはネット販売に力を入れているため、他の大手メーカーより販売減の影響が小さかった。ロックダウン期間中の4月に英国で最も売れた自動車はテスラの中型EV「モデル3」だった。
     ネット販売と共に大きな要因だったのがリース販売だ。自動車通勤が多い欧州では企業がリース契約した自動車を社員に割り当てるケースが多い。その際、CO2排出量を削減するためにEVを選ぶケースが増えており、必然的にEVの販売が伸びている。一般的に社員は、販売店を訪れて試乗するのではなく、カタログなどの情報を基にクルマを選ぶので、新型コロナ流行の影響が比較的小さい。
     欧州の自動車リース大手のリースプラン(オランダ)は、19年時点で既に新車リースの7.4%がEVだ。30年にはこれを100%にする目標を掲げる。同社は企業のリース契約を基に欧州各国の自動車タイプごとのコスト比較を公表している。それによるとノルウェーとオランダでは、税制優遇などでEVのコスト競争力がエンジン車とほぼ同等になっている。英国とスウェーデンではEVとエンジン車のコスト差が縮まっている。