ここから本文です

この1年間で3割の利益成長をしながら、株価は昨年よりも低い水準。
あり得ないことが起こっております。
時間はかかっても是正されなくてはなりません。