ここから本文です

下期の利益に急ブレーキがかかる計画になっているが、いくら保守的予想の結果とはいえ、違和感だけが残る。
不透明な経営環境とはいえ、慎重になり過ぎ。