ここから本文です

根拠をもたない売り煽りが増えてきたようですが、一切無視スタンスで問題ないようです。
コンセンサスに合わせた経営をするほど軟な日本電産ではありません。