ここから本文です

昨晩、会社主催でアナリスト向けの電話会議があったそうです。
会社側から出た情報のポイントは、
「中国からの受注は3月からいったん回復したが、米中貿易戦争の激化で5月後半から再び失速」
「欧米からの受注は、中国に遅行して悪化が始まり、現在のところ底が見えない状況」
「6-8月期での受注底打ち、下期回復を見込んで通期業績見通しは据え置いた」

下方修正なしは、思考停止で希望的観測なのか、どのくらいに下方修正すべきか不明なのか、どっち・・・?