ここから本文です

16日の米国株式市場で日本株の米預託証券(ADR)はほぼ全面高だった。同日の日米株式相場がともに上昇し、日本株ADRにも買いが広がった。野村が6%高となり、オリックスは2%上げた。三菱UFJや三井住友FGの上げも目立った。一方、武田は下落した。