IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

三菱電機へのサイバー攻撃で、防衛省が研究を進める最新鋭の「高速滑空ミサイル」の性能に関する情報が、同社から漏えいした疑いがあることが二十日、関係者への取材で分かった。防衛省は、サイバー攻撃の全容について調査を続けている。
菅義偉(すがよしひで)官房長官は同日、記者会見で「流出した可能性のある情報は、防衛省で安全保障上の影響を精査中だ。事案の詳細についての答えは控えたい」と述べた。
関係者によると、漏えいした可能性があるのは、ミサイル試作品の製作に関する入札の際、企業側に求めた性能などの情報。開発過程で性能は変わり得るため、防衛省の指定する「秘密」ではないが、慎重な取り扱いが必要な「注意情報」に当たるとみられる。
三菱電機は二十日、「防衛省の調査に協力している」とのコメントを発表。漏えいの疑いについては防衛省に報告済みで「それ以降、新たな情報流出の可能性は確認されていない」とした。
三菱電機は入札に応募したものの受注できず、別の企業が契約した。入札を所管する防衛装備庁は「安全保障上の影響を精査している。個別の装備品に関して情報が漏えいしたかは答えられない」としている。
高速滑空ミサイルは、超音速で複雑な軌道を飛行し、敵の防衛網を突破するとされる。防衛省は島しょ防衛強化のため、二〇一八年度から研究を始めている。

6503 - 三菱電機(株) 三菱電機へのサイバー攻撃で、防衛省が研究を進める最新鋭の「高速滑空ミサイル」の性能に関する情報が、同